先輩方の声

田染 寿
たしぶ ひろし
「大変だけど楽しい仕事」
僕は4月に高卒で入社し、それまでずっと介護の勉強などした事がなく、椋の樹に入社して3ヶ月間介護の研修を受けました。3ヶ月介護の現場に入ってみて本当にこの職場は自分に合っていると思いました。
最初はメモを取るのに必死すぎて仕事が追い付きませんでした。しかし周りの先輩や上司に分からないことがあったらなんでも言ってと言われ、分からないことがあったらすぐ聞くようにしました。聞きすぎも良くないと思い、先輩の動きを真似て、それでも分からないところがあれば先輩に聞いています。
だんだん仕事の内容を理解していきメモを取るのに必死だった自分が、今では1人でも利用者様の対応ができるようになりました。分からないことがあったらすぐ聞くのではなく、教えてもらったことを思い出しながら行動していました。それでも思い出せない場合は先輩や上司に聞き直したりしていました。職場の先輩や上司はすごく丁寧に教えてくださるので、自分でいつも学んでいます。

自分が想像していた介護とは全然違い、実際に現場に入ってみたら本当に大変な仕事だなと改めて気づかされました。しかし慣れていくにつれ介護が楽しく思えてくるので、今は本当に楽しく仕事をさせてもらっています。もう先輩になるので、今まで自分が教えてもらってきたことを次の後輩にも同じように教えて、分からなそうにしているときは自分から声をかけて何が分からないのかを聞いてすぐ教えられるようにしていきたいと思います。
後輩から信頼されるような先輩になれるように頑張りたいと思います。
「人の温かさに触れられる仕事」
私は4月に事務希望として椋の樹に入社しました。入社後、3ヶ月間は介護の研修を受けることになっており、介護職員として働きました。7月になり、介護の研修で教わったことを生かし、事務員として3ヶ月ほど働いていましたが、私にとって事務の仕事はとても大変で現場にいる、同期・先輩方を見ると「もっと介護の仕事がしたかったな・・」「やり直せるなら現場に戻りたいな」と思っていました。
そんなときに先輩方と今の仕事がどうか、悩みはないかなどを話す面談がありました。私は面談で、もしかしたら介護の現場に戻れるかもしれないと思い、先輩方に「介護の現場に戻って介護の仕事ができるのであればしたいです。」と伝えました。すると「戻ってみますか?」「現場で介護職員として働きますか?」と言われたため、今では介護の現場で介護職員として働いています!
実際に介護の現場で働き思うことは、働く前の自分が介護の仕事に対して描いている仕事の理想が高かったため、「もっとこうじゃなきゃいけない」「教科書に出てくるような介護をしないと」と思いすぎていました。ですが働いていくうちに「こういう介護の仕方もあるんだ!」と利用者様一人一人に寄り添うことが大切だということに気づかされたり、「ありがとう」「あなたがいると元気になる」と利用者様から感謝されるなど社会の役に立つやりがいのある仕事だと思っています。
これから入社してくる新採用の人は実際介護の現場に出て働いて「自分が思っていた介護の仕事とは違う。」とギャップが出てしまうことがあったり「納得いかない!」「自分は良かれと思ってしたのに・・」と不満や悩みを感じてしまうこともあるかもしれません。
なので、椋の樹の先輩として新採用の人が介護の現場で「どうして?」「なぜ?」と思う悩みや不満をサポートしていきたいと思います!
ぜひ一緒に人の温かさに触れることができる利用者様方のお手伝いをしてみませんか?
仲島 咲恵
なかしま さえ
清水 真由
しみず まゆ
「大切な報・連・相」
私は、高校卒業してすぐに入社したので最初は、ちゃんと働けるか不安でした。ですが、分からないことがあればすぐに先輩たちに聞くことのできる環境が良いと思いました。新人なので怒られることもありましたが、怒られた所を気をつけながら働いていました。それでも間違っている所があると先輩方が注意して下さりました。

入社してから思ったことは、報、連、相がとても大事だと思いました。怠ってしまうことで情報が共有できなくて困るので絶対に守ろうと思いました。

不安な時期はありましたが、先輩方が相談や話を聞いてくれたりして少しずつ仕事を覚えていき、楽しいと思えるようになりました。

今年で、入社2年目になるので1年目よりも体調管理をしっかり行い、働いて行きたいと思います。
「みんな見てくれてるよ」
私は専門学校を卒業して椋の樹に入社しました。最初は不安だらけで、職員や利用者様との関係や介助等をするのに足を引っ張ってしまうのではないかと、思っていました。入社したばかりの頃は、利用者様に対しての言葉遣いや作業をする際の手順等で注意を受けてばかりで、頭が回らず誰にも相談できず早く辞めたいと思っていました。
そんな時、歳の近い先輩や同期が「大丈夫?」と言ってくれて相談にも乗ってくれてとても嬉しかったのを今でも覚えています。
この仕事をしていて、利用者様から「ありがとう」と言っていただき、先輩からも「頑張っていることはちゃんと伝わってるよ」と言って頂けた事で、「ちゃんと見てくれている人もいるんだな」と何度も泣きそうになりました。
とても優しい先輩や同期がいてここに入社してよかったなと思います。
今でも注意される事はありますが、1つ1つを受け止めて向き合い、いつかは自分が教える立場になって、先輩が教えてくれたことを活かして一緒に頑張っていけたらいいなと思います。
沖田 紗耶加
おきた さやか
大津 葵
おおつ あおい
「介護の醍醐味」
私は、4月に高卒で入社し、それまでは介護の勉強をしたことがなく商業関係の勉強をしていたため、はじめは事務希望でした。
入社して3ヶ月は介護の現場に入ることに決まっており、6月末までは介護職員として働きました。最初は早く事務として働きたいと思っていましたが、介護の知識が0の状態で現場に入ると、介護の専門学校を卒業した同期と違い、一緒に先輩から仕事を教えてもらっても専門的な用語が絡むと理解できないことが多々ありました。
その度に先輩に聞くのが申し訳なくて、それがとても嫌でした。最初はなかなか先輩方と話せず、相談は同期だけにしていました。
しかし、時間が経つにつれて少しでも私が迷っていると「どうしたん?」と優しく声をかけてくれたおかげで、どんな小さな事でも分からないことや気になったことをすぐに相談できるようになりました。それが出来るようになったのは先輩方の人柄の良さが関係していると思います。
椋の樹の先輩方は仕事中は厳しい時もありますが、プライベートになるととてもフレンドリーな人達ばかりで、入社1年目の私も休日に先輩とどこかに出掛けたり、休憩中に会社の近くのお店にご飯を食べに行ったりできる関係になりました。
私が事務でなく介護士として働きたいと思った理由は2つあります。1つは親しくなった先輩ともっとコミュニケーションを取りながら介護を学びたいと思ったからです。2つ目は、私は人と話すことが好きで、介護の現場では利用者様と楽しく会話しながら働けるので、コミュニケーション能力の向上にもつながると思ったからです。
今はまだ、夜勤に入り始めたような状態ですが、いつか一人前になって、後から入ってくる後輩に頼ってもらえるように日々頑張っていきたいと思います。